アーカイブ

2003 年 2 月 のアーカイブ

500万円GET!!

2003 年 2 月 26 日 コメントはありません


えーと、つい先日、1通のエアメールが届いた。

「なんだろう?」

と思いつつ開けてみると......

なななななななななな、なんと!!

500万円が当たったという当選通知ではないか!!

「つ、ついに....ついにやったぜ!!」

と歓喜のおれ....

しかし....

「当たったのはいいけど....こんなの応募してないぞ...」

世の中には、変わったクジがあるものだ....

応募してないのに当選するなんて.....

もしかして、今まで全く気づかなかったけど、

応募してないのにハズレてた事もあるってこと??

応募してないのにハズレって何か悔しいなぁ..まぁいいけど....

で、この当選通知、「クレジットカード番号を書いて返送しろ」と書いてある....

ふつー、「振込先を教えてくれ」じゃないの?

なんで俺のクレジットカード番号を教えなくちゃならないの?

しかも、48時間以内にクレジットカード番号を書いて返送すると

スピード賞として、50万円が追加されるらしい.....

こんなの、だまされる人いるの?

単なるカード情報の収集じゃない?これ...

まぁ、こういう業者さんが、いろいろと試行錯誤するのは勝手だけど、

あまりにも、馬鹿すぎない?これ....

他にアイデアがなかったの?

こんなんでも、騙される人はたまにはいると思うけど....

それにしても騙される確率が低そうだと思わなかったの?

残念ながら、おれも騙される確率を下げる方の人になっちゃうけど、

もうちょっと、企画を吟味してから実行しようよ....

エアメールだってタダじゃないんだからさ....ね....

以上

カテゴリー: ブログ タグ:

お年寄りを大切に...

2003 年 2 月 19 日 コメントはありません


仕事が終わり 会社を出ると 外は雨だった
おれはコートのエリを立て 近くのコンビニまで走った
コンビニに着く頃 すでにコートは濡れていた
雨露を払いながら

 「ま こんな日もあるさ...」

と、空を見上げながらつぶやいた

とてもキャシャでチープな傘を買い
おれは駅へと向かった

品川に到着すると すぐに山手線に乗り換えた

上野まで座れたのは ちょっとラッキーだった
眠くなる直前に上野に到着した

時刻表をみると ちょうど通勤快速に乗れる時間だ
ホームに着き喫煙所に向かった
おもむろに タバコに火をつけ 電車を待った

電車がホームに滑り込む

おれは まだ半分も吸っていないタバコを
惜しみながら消し 電車に乗り込んだ

扉が閉まり 電車がゆっくりと走り出した

しばらくすると1つ目の駅に到着した

仕事帰りの人たちや 学生がたくさん乗り込んできた

その中に おばあちゃんが一人....

おばあちゃんは おれの 横に立った

また 電車が走り出した

ちょっと揺れて おばあちゃんが おれにぶつかった
小さなおばあちゃんなので 痛くも痒くもない

ふと気がつくと おばあちゃんは ぶつかったままで
離れようとしない

 「小さなおばあちゃん どーぞ寄りかかっていてください」

と 天使のような 俺の心がそうつぶやいた

おれは 何を言うまでもなく そのままでいてあげることにした

電車が走り出した

また しばらくすると 次の駅に着いた
比較的大きな駅なので たくさんの人が降りた
さっきまで 身動きの取れなかった車内も
多少ゆとりが出た感じ

小さなおばあちゃんも おれから ちょっと離れて...
離れて... 離れない.....

 「どんまい どんまい」

と 天使のような 俺の心が またつぶやいた

電車がまた 走り出した

次の駅まで いくつか飛ばして行く為 この区間は
少し長い 扉が開かない分 車内はちょっと暑くなってきた
窓ガラスが白く曇り始めた

しばらくすると

 「なんか... なんか妙に暑いなぁ...」

おれは いつもと違う暑さに気がついた
すぐに妙な暑さの原因を突き止めた

ずっと俺に寄りかかっているおばあちゃんの
腰の辺りから 異常な暑さを感じる...

 「これは..... ホッカロンだ!」

小さなおばあちゃんは 腰を暖めるため 腰にホッカロンを
いれているようだ

しかも そのホッカロン ホッカロンの出せるスペックを
全て出し切っているかのような暑さだ まさに MAX HOTS!!

具合の悪いことに そのホッカロンがぴったり俺に
くっついている...

しかし 俺は慌てない...

 「小さなおばあちゃん ちょっと離れてね」

と 天使のような 俺の心が 申し訳なさそうにつぶやいた

俺はおばあちゃんを そーっと押して 離れてくれるよう
やさしいシグナルを送った...

すると おばあちゃんは 俺が押した力の 10倍ぐらいな力で
押し返してきた しかも すごい勢いで....

押し返されても 俺の後ろには人がたくさんいて どうにも動けない
おばあちゃんの前は 一人分の空きスペースがある....

また ちょっと押してみた.... また、すごい勢いで押し返してくる

 「おばあちゃん ちょっと前に行っておくれ」

と 明らかに天使ではない 素の心がつぶやいた

また ちょっと押してみた.... 更に すごい勢いで押し返してくる

車内もだいぶ暑くなってきた....

 「ううぅ 暑い...」

仕方がないので ちょっと力を入れて押してみた...
更に すごい勢いで押し返しながら 後ろを振り向き 俺を睨んでいる

 「おいおい 誤解するなよ おばあちゃんが一歩前に出るべきでしょ」

本当に暑くなってきた 気がつくと けっこー汗をかいていた

 「あ 暑い... 暑くて死にそうだ」

汗が流れてきた.... 俺もだんだんいらついてきた
押しても押しても 押し返してくるので
押しっきりにして止まって見た かなりの力を入れて押し留まった
しかし おばあちゃんも おばあちゃんと思えないほどの力で
応戦してくる

そこから 長い戦いがはじまった...

おばあちゃんと おれとで おしくらまんじゅう状態....
ただでさえ暑い車内で 二人の間には MAX HOTS!!なホッカロン
その上 おしくらまんじゅうをしているものだから 
もう みるみる汗だくになっていった...

 「くそばばー おすんじゃねーよ! 一歩前出ろよ」

いつしか 悪魔の心が暴言を吐いていたのは言うまでもない

 「憎い このババァが 憎い... そしてMAXあつい....」

俺は これほど短期間に人を憎んだことは 過去になかった
俺の中で心が すさんでいく音がはっきり聞こえた

いつもの駅で 電車を降りる頃 俺は何処かでテニスでもしてきたのか?
と思われるくらい汗ぐっしょりだった

そのばーさんも 同じ駅で降りたが 降りたとたん ハンカチで
汗をぬぐっていた....

俺の前を歩いていたばーさんの上着から あのホッカロンが
ポトッとおちた...ばあさんは気づかずに行ってしまった

それを見ておれは思った

 「ブッシュよ つまらない戦争はやめよう 戦ったところで
  歩み寄れない事だってあるのだから....」

俺は自分が一回り大きくなったような気がした

そして すがすがしい気分になったのかと思ったら
汗が冷えて寒くなっているだけだったことに気づき
足早に駅をさった....

みんな お年寄りを大切にね

カテゴリー: ブログ タグ:

パンダのボールペン

2003 年 2 月 18 日 コメントはありません



数日前に友達とパスタを食いに行った
おれは腹が減っていたので カルボナーラの
大盛りを頼んだ

待っている間に電話が鳴った
仕事の電話だ

話が終わって電話を切ると またすぐかかってきた
何度も何度もかかってきた
途中、カルボナーラが出てきたが また電話
結局1時間ほど話していただろうか

席に戻った頃には カルボナーラはガチガチになっていて
とても食べられる状態ではなかった
一口食べてみたがまずかったので 食べずに残した

店を出て家に帰った

家について着替えていると さっきの店で
メモを取るために 店員の女の子にかりたボールペンが
でてきた

「やべ もってきちゃった」

よくみると このボールペンには大きく
「HONG KONG」と書いてあって キャップには
パンダの写真が入っている

これは きっと 香港の土産に違いない
そう思ったおれは このボールペンを返そうと思った
我ながら偉いと思った

そう もしかしたら 死んだ誰かの形見かもしれないし
彼にもらった大切なボールペンかもしれない
拾ったのかもしれないけど
人それぞれに 物に対する思いがあるはずだ

おれは 死んでもこのボールペンを返そうと
心に決めた

別に カルボナーラが食べたいから言ってる訳ではない
純粋にそう思っているのだ
カルボナーラなんてもんは どこでも食べられるしね
でも あの店のは うまいんだってね
って そーいう話ではない
純粋に 返してあげたいという おれの気持ちなんだよ

それにしても ちょーお土産っぽいな
この ボールペン 笑

まぁ いい

以上

カテゴリー: ブログ タグ:

う”げぇぇぇぇ

2003 年 2 月 17 日 コメント 1 件



もう最悪です

今日 床屋に行ったのですが
帰りに すご〜く暗〜い感じの 無名のコンビニで
タバコと ピザまんと コーヒーを買いました
車を運転しながら ピザまんを食べはじめました

一口食べて....

「ぅおぇぇ!! なんだよこれ 雑巾くせー!!」

そうです ほっかほかのピザまんなのですが
雑巾くさいのです
これは きっと 何度も暖めたり冷めたりしてるなと
すぐに察しました
そして すぐに捨てました

「最悪だ.....」

こういった場合 普通の人は 店に戻って返品するのですが
大人なボクは違います

「まぁ いいじゃん ドンマイドンマイ」

と 余裕です 我ながら大人だなと思いました

で 家について 夕飯を食べて 風呂に入って
冷やしておいた コーヒーを飲みました

2、3口飲んで....

「なんか 味が変.... こんな味だったっけ?」

と、おもむろに品質保持期限を見ると

「!!!!!!!! 030213!」

品質保持期限が とっくに切れてる....

「ド、ドンマ....イ.....なのか?....」

この時、やっぱり返品すればよかったという後悔と
少しずつ気持ちが悪くなっていく自分と
少しゴロゴロいってきた腹と
あのコンビニに 裏切られた虚しさが一気に
押し寄せてきました

もう最悪です

以上。

PS:どうでもいいのですが 今回のヘアースタイルの
  テーマは「B型にモテモテヘアー(床屋の兄さん談)」
  だそうです
  (いつもと どう違うのかは教えてくれませんでした)
  

カテゴリー: ブログ タグ:

大阪

2003 年 2 月 16 日 コメントはありません



えーと 先週の金曜日に大阪に行ってきました
もちろん USJに遊びにです
って そんなことはなくて 出張です
で 金曜日に終わる予定が終わらず
翌日も一日作業でした
スケジュールいっぱいいっぱい仕事して
疲れ果てて土曜の夜帰ってきました

写真は 土曜の朝 意味もなく撮った
梅田駅前の朝の風景です

また 近々大阪に行く予定ですが
今度は余裕を持って行きたいです

そんな感じです

カテゴリー: ブログ タグ:

宝くじの結果発表

2003 年 2 月 15 日 コメントはありません



えーと.....
宝くじですが.....
ハズレですね.....
どうしましょう 1300円....
また買いますか?.....

ご意見募集中です....

カテゴリー: ブログ タグ:

よがのライブ

2003 年 2 月 10 日 コメントはありません



今日は よがのバンド「AO」のライブに
ロボと2人で行ってきた

電車で北浦和に到着し 歩くこと7〜8分
ライブハウスに到着した
よがに電話したら 入り口まで迎えに来てくれた

で 早速 中に入ると 女の子がボーカルの
バンドがやってた
なかなか パワフルでよい感じ

で ちょっと見て のどが渇いたので
飲み物を取りに言った
もちろん 生ビールをのんだ 冷えててうまかった
ロボはジンジャーエール

そして 楽屋に行くことになった
楽屋には何故かコタツが2つと 1畳だけの畳と
へんなソファーベッドがあった

なんか 誰かの家みたいな雰囲気で とってもなごやか
で よがとまったり話をしていると
さっき演奏してたバンドの人たちが帰ってきた 
みんな あせびっしょり

そんなこんなで よがたちの順番が来た
一緒にステージのある階までいった

いよいよ「AO」のライブが始まった
いきなり 盛り上がって
女の子たちが踊りまくっていた
おれは 写真を取りまくっていたので
残念ながら華麗な踊りを披露することが
出来なくて ちょっと悔しかった

3曲しかやらないって聞いてたんだけど
5曲もやった (ごくろうさん)

で 盛り上がりぬいて 「AO」のライブは終わった

このあと 楽しそうな打ち上げがあるらしく
よがに誘われたが ロボもおれも 明日仕事で
早いので また今度ということになった

帰りのエレベーターで 綺麗なおねーさんに

「帰っちゃうの?」

と言われた時は ロボだけ帰してしまおうと
おもったけど (笑)
まぁ 仕事なので帰ってきた

帰りの電車で ロボに 俺たちも バンドやろうと
言ったら 苦い顔をされた
俺が何も演奏できないのを知っているからだろう

で 軽く飯を食って ロボをおくって帰ってきた

なかなか楽しかったよ!よが!
また やるときは よんでくれ!!!

カテゴリー: ブログ タグ:

よがのライブ


よがが ライブやります

2/9 17:30からです

場所は
———————————-
ライブハウスKYARA

336-0001
さいたま市常盤3-1-13
山本ビルパート2

TEL&FAX:048-825-6587
———————————-

2月スケジュールの9日にAOというバンドが
あるのですが、それが よがのバンドです
是非観にいってください!

おれも 行く予定

キャバじゃないよ キャラね

カテゴリー: ブログ タグ: