アーカイブ

2004 年 7 月 のアーカイブ

越生町(おごせまち)と犬

2004 年 7 月 22 日 コメント 1 件

この写真はある情報筋から入手した物で、埼玉県@越生町という所にある
某観光名所の滝付近にあった なんてこと無い立て看板の写真です。
まーとりあえず写真を見てください....
そして写真に写っている立て看板を良く読んでください...

「犬を滝つぼに入れないでください。」

こ、これは!!!

越生町には こんなムゴイ事をする人が いっぱい来るのか、

いるのかわからないのですが、何かとてつもなくむごい事が

この地で起こっていたことが読み取れる文言です。

恐らく、ある異常な光景を見るに耐えなくなった観光協会の人が、

たまりかねて、この立て看板をつくったと推測されます。

これから書くことは私の想像の粋を超え無い事を あらかじめ

お断りしておきます。

それを踏まえて以下をお読みください。

私が思うに....

越生町では昔、何故か犬を滝に入れる人が多い時期があり、

それは、観光名所としては非常にマイナスな行為であると

誰もが思っていました。

しかし、そう思う人が増えてきているのと比例して

犬を滝に入れに来る人も増えてきました。

この現象はある意味異常な現象で、一部の越生町の住民は

滝に入れる為に犬を飼う人が急増していました。

犬がいるから滝に入れるのではなく、滝に入れる為に

犬を飼うのです。これを異常という以外になんと言えばいいのでしょうか。

この異常現象のピーク時には、滝に犬を入れる為に

滝付近に長蛇の列が出来ていました。

また、行列の横では「滝犬アイスキャンデー」とか

「犬滝(ケンタキー)・フライドチキン」とかいうパチ物の

カラアゲ屋も横行するありさまでした。

「このままではこの滝が犬の糞尿と犬の抜け毛の名所になってしまう!!」

と、観光協会内で衝撃が走りました。

そこで、観光協会会長が、注意を促す立て看板を立てよう!

というアイデアを出し すぐさま実行されました。

すると どうでしょう!!

今まで長蛇の列を作っていた 犬を滝に入れにきた人々が

見る見る減っていきました。

時々、猫を滝に入れに来た人はいましたが、あっという間に

その異常現象はおさまりました。

一部の越生町の住民は お犬様のタタリと騒いでいましたが

所詮、犬っころのやることです。たかが知れてました。

ということで この異常現象はおさまったのですが

ぶっちゃけ そんな事本当にあったの?

という 疑問は残ります。

ぶっちゃけ 私も信じがたいのが事実です。

が!!

偶然にも実際に滝に入れられていたという犬の写真を入手することが出来ました!!

これを見てしまった私は あの異常現象が実際に起こっていた事を

信じるしかないという状態にならざるをえなくなりました。

これがその犬です!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

顔でか!!

たまたま この犬の飼い主に話を聞くことが出来ました。

飼い主によると この犬の名前は「滝(タッキー)」といい、

滝へのダイビングは ゆうに500回を超えるといいます。

やはり 滝へのダイビングの後 溺れまいと必死に犬掻きで

泳いでいたせいか シカバネのようなボディーです。

!!もとい、ハガネのようなボディーです。

この写真は ちょっと 合成に見えるかもしれないので

もう一枚 別のアングルから撮ったタッキーの写真を

お見せします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ね 本物でしょ?

こんなスレンダーな犬を見たのは初めてだったので

正直ビックリしました。

飼い主いわく...

「毎日 滝にダイブさせてたら 普通の犬は1ヶ月で死んでしまうよ。

 その点うちの犬は おれが酔っ払って散歩する時くらいにしか

 ダイブはさせなかったからね 月に10回程度のペースだったね。

 滝ダイブドッグとしては二流だけど ちゃんと生きていてくれるからね

 死んでしまっては元も子もないんで これでよかったと思ってるよ」

私は 滝ダイブドッグという言葉を始めて聞いて驚きました。

(そんな風に呼ぶんだ....)

また、異常現象が立て看板によっておさまったのではなく

プロフェッショナルな滝ダイブドッグは みんな死んでしまったのだと

いうこともわかりました....

やはり とてつもなくムゴイ事が起こっていたようです。

皆さんも ある日突然 飼い犬を滝に放り込みたい衝動にかられたときは

一度 越生町を訪れてみてください。

きっと何かを得ることが出来ると思います。

私は犬を飼っていませんが、いつかそんな日が来たときに

越生町を訪ねてみようと思います....

FIN

カテゴリー: ブログ タグ:

本当の「ベンジャミン」

2004 年 7 月 14 日 コメント 2 件

( 8_ゝ8)ノ おいっす

プチごぶさたしてしまった日記ですが、

別に体調が悪かったり ネタが無かったわけではありません

めんどくさかっただけです 笑

さて そんなことはどうでもよく

うちのペット ベンジャミンですが

実は最初からベンジャミンという名前ではありませんでした

上の写真を見てください

ベンジャミン 実は 300円 でした

なので 最初は「300円」という名前でした

でも 「300円」だと何のことかわからないので

いなかっぺ300円」にしました

いなかっぺは 息子のアイデアです

しかし「いなかっぺ300円」は 長いんじゃないの?

ということで まぁセレブ知性あふれるオレが考えた名前が

ベンジャミン」.....

まぁ いいです そんなに褒めなくても

皆さんが感動しているのは手に取るようにわかるので

いいです 絶賛しなくて...

で この ベンジャミンですが

飼いはじめた当初は エサを全く食べず

あぁ また こいつも死んでしまうのか...

と 心配していました

3日位して ようやくエサを食べるようになりました

↓これがエサ

本当のことを言うと ベンジャミンが死んでしまうことより

このエサを3つも買ってしまったので それが無駄になることを

一番懸念していました

だってこのエサ 298円だよ!!

ベンジャミンが あと3匹買えるんですよ!!

つーか...

ペットと そのエサの値段が一緒って何なの!!

世の中狂ってる...

でも そんなことは 大人なオレはチョットしか気にしない

実は まだ ベンジャミンにまつわる話があります

ベンジャミンを買うときに もうひとつのペット候補がいました

↓これです

「おれ犬だけど...」

これゴールデンレトリバー(生後3ヶ月)なんですが

めっちゃかわいくて この子を見つめるオレは

もろアイフルしてました 「パパ!?パパ!?」ってやつ 笑

で 値段のところに「クイールでおなじみの」って書いてありました

きっと この子を買った人は 必ず「クイール」って名前つけるんだと思います

猛烈に安易な名前だと思います...

え? じゃあ お前ならなんて名前つけるかって?

えーと おれが名前をつけるとしたら これしかないです

【食い入る】

なんて 勢いのある勇ましい名前でしょう!!

......ま おやじギャグも散りばめてと....

で この子と ベンジャミンをカハリにかけ 悩みました...

この子    98,000円
ベンジャミン 300円

0.5秒ほど悩んだ挙句に ベンジャミンを買うことにしました

勘違いしないでください...

お金とかそういう問題じゃないんです!!

そんなことで おれは ペットを選ばないし

そういう次元でペットを選ぶ人の気が知れないと思います

ペットに失礼です

おれがベンジャミンを選んだ最大の理由は...

フィーリングです...

なんか 彼(ベンジャミン)とは うまくいきそうな気がしました

ただ それだけです

そうして ベンジャミンが うちのペットになりました

( 8_ゝ8)ノ おしまい

カテゴリー: ブログ タグ:

ハリーの死闘!

2004 年 7 月 4 日 コメント 1 件

先日、ペットのハリーが死んだ...

みんなからは 「ひなたぼっこがいけなかったんじゃね?」

とか 「最後にあげたクモに毒ががあったんじゃね?」

とか いろいろ言われたんだけど そんなのが

死因ではない....

今まで内緒にしてたけど そろそろ時効なので話す...

正直に言うと 実はハリーが死ぬ前日....

猛烈な死のバトルをやらせていた...

はっきり言って 死因は過労だと思われる...

というか 過労。 間違いなく過労死...。

ハリーよ すまん...

お前の強さを過信していた...

お前は弱かったんだね... バッタにハサミを付けたような

ある意味 フェイク? ウソっぱちなんだね

「ミツバチ ハッチ」とか「みつばちマーヤの冒険」に出てきた

カマキリはスゲー強くて 怖かったけど

ハリー お前は バッタの強い奴程度だったね

とりあえず その 死闘の様子を説明する

ハリーが死ぬ前日 おれは昼間外出していた

夜 家に着いて2階に行く途中に窓の近くでカナブンの小さい版

見たいなのを見つけた...

(お これは ハリーのエサになるぞ)

早速オレは そのカナブンもどきを ハリーにあげてみた...

すると!!

なんということだろう 最初ハリーは 自慢のハサミで

激しくカナブンもどきを攻め立てたが...

カナブンもどきの背中は予想以上に硬く ハリーのハサミが

全く利かない!!

ハリーは 自分のハサミが利かないと知ると とたんに

逃げ始めた もう 逃げまくりで 見ていて情けなくなってきた

(おまえ 武器がないと戦えないのかよ...)

写真を見て欲しい

↓↓↓↓↓↓↓

「たたたた、たすけてー」

ダサすぎる...

↓↓↓↓↓↓↓

「ひぃぃぃぃぃ!!!」

もう 見てられない...

(おまえ カマキリだろ!!こんなの やっつけちゃえよ!!)

と 言ってもその言葉はハリーには届かない...

もう しょうがないので カナブンもどきは 逃がした

(ったく だっせーな ハリー)

仕方が無いので また クモを探しに行った...

すると なかなかでかくて たくましいクモを見つけた

(おおー これは食いごたえがありそうだ)

早速 ハリーにあげた...

↓↓↓↓↓↓↓

「シャー!!シャー!!」

おお! さすがクモとなると強いな...

↓↓↓↓↓↓↓

「おりゃー!!シャー!!」

見ていて頼もしさを感じる...

非常に攻撃的で カッコイイ...

(やっぱり こうでなきゃな...)

おれは 安心してTVを見ていた...

しばらくして ハリーの様子を見ると...

おおお、おーい!!

↓↓↓↓↓↓↓

「ぁぅぁぅ...へるぷ...へるぷみー...」

写真では良く見えないが クモの糸でグルグルに巻かれている!!

あれーーーー!? やばいんじゃねーーーーー!!

更に...

↓↓↓↓↓↓↓

「ぁぅぁぅ...食べられちゃうよぉぉぉぉ...」

ぉぃぉぃおーーーーーい!!

エサに食われそうだよ!!!!

もう まさに エサとしてあげたクモに 食われる瞬間だった

ハリーの柔らかい腹の辺りを狙ってる...

おれは 慌ててビンを開け クモを引っ張り出し 窓から捨てた

そして クモの糸でぐるぐる巻きになったハリーを救出した

(あぶなかったー エサに食われるとこだったよ..)

その後 超ダサイ ハリーを取り出してクモの糸を取って

あげることにした...

(なんて ださいんだろう.. カッチョワリー...)

そう 思いながら 楊枝で糸を引っ張って取り除いてあげた

....が 途中でプチッという音がした...

あ!!

いやな予感的中....ハリーの足が折れた...

左後ろ足の ひざ下くらいが プランプランになってしまった...

(ま....まぁ いっぱい足あるから大丈夫だろ...汗)

(その為に たくさん生えてるんだろうからな... 汗)

チョットあせったが なんとも無いということにした..

そして 死闘は終わった...

そして 翌日逝ってしまった...

みんなは ここまで読んで きっとオレのせいだと

思っていると思うけど そうじゃない...

過労死だよ...

オレにはどうにも出来なかった...

事故だよ... そう事故...

仕方が無い... これが自然界の恐ろしさなんだ..

ハリーよ... 今度生まれてかわった時には

オレの近くに寄るな... 非常に危険だ...

おれも お前に近寄らない...

それでいい.. それで...

なんか 長すぎるので ここで いきなり終わり

( 8_ゝ8)ノ あばよー

カテゴリー: ブログ タグ: