アーカイブ

2004 年 9 月 のアーカイブ

房総族

2004 年 9 月 28 日 コメント 4 件

久しぶりに書くので長いからね。

長いの嫌な人は、豆乳でも飲んで健康の事考えてればいいじゃん。

と、訳わからんこと言ってみたりして前フリです。

さて本題。

先日、某組織の人たちと千葉県:館山市に行ってきた。

館山を知らない人は↓の地図を見る事。

↑ではわかりずらいという人は↓を見る事。

で、朝から出かけた。

とりあえず、千葉へ向かった。

まず、最初に千葉市にある「千葉ポートタワー」へ行った。

このタワーは、地上125mのスリムなボディーを5,571枚もの

ハーフミラーガラスで覆った近未来的な展望塔

とあるが、100円で見れる双眼鏡の古さや、記念メダル作成マシーンが

あまりにも旧型で、とても近未来感は感じられなった。

建物も確かに総ガラス張りで素晴らしいのだが、中に入ってみると

そんな風に出来てる建物と感じ取ることは出来ない。

それよりも展望台から見た千葉港の公害っぽい風景が

好景気のバブル時代を思わせ、複雑な気持ちになった。

しかし、この「千葉ポートタワー」は、天気のいい日には

千葉港や千葉市街はもちろんのこと、アクアラインや東京タワー、

富士山まで見渡すことができるそうだ。

デートスポットとして最高のシチュエーションを演出してくれるに違いない。

とはいうものの、実際見てないのでウソっぽいヨイショになってしまった。

で、次に向かったのが「千葉市立郷土博物館」。

この城、何か由緒ある有名な殿様のふるーい城なのかと思っていたら、

とんでもない、これこそ超近代的な建物で、最新鋭の耐震構造といい、

場内にプラネタリウムがあったり、エレベーターがあったりと

「城の形にする意味ないんじゃね?」と思わせるほどの

最新建築技術のデパートだった。

でも、とりあえず博物館なので、いろんなありがたいものが

展示されていた、中でも目をひいたのが、戦後間もない頃の

千葉の写真↓。

バターが現金輸送車みたいな装甲の厚そうな車で運ばれているのがわかる。

恐らく戦後間もない頃はバターひとつで家が一件たったに違いない。

とまぁ、この博物館はそんな感じだった。

で、次は宿に向かった。

館山に入ると「ODOYA」というスーパーみたいな、TUTAYAみたいな

100円ショップみたいな、不思議なチェーン店がたくさんあることに気付く。

セブンイレブンも結構あるのだが、「ODOYA」もかなり多い。

とりあえず「ODOYA」に寄ってみた。

中に入ってみると、なんてことなく、スーパーみたいな、TUTAYAみたいな

100円ショップみたいな、不思議なチェーン店だった。

夜用に酒とツマミとか買った。

で、宿に着き、飯を食い、酒を飲み、風呂に入り、寝た。

翌日、白浜町の海岸に向かった。

海岸について車を降り、ある看板を見て衝撃が走った。

閉鎖かよ....。

閉鎖の理由が凄いし、看板に書かなくてもいいじゃんかみたいな理由だ。

ここにいた監視員は一体どこに行ってしまったのだろうか?

砂浜には、昔ここに海の家があった事を物語らせる電柱が寂しそうに

たっていた。

こんな綺麗な浜なのにね...。

ま、でも監視員がいないんじゃムリだよね。

そりゃ閉鎖するよ...........。

つーか!白浜町!不在はわかったから他の奴雇えよ!

おれは、この浜を歩きながら考えた...。

そう、この美しい浜の名前を...。

すぐに思いついた。

こんなシュールな浜にはイタリアンな名前がよく似合う...。

「カンシ・in・フザイ・De・ヘイサー」

海の家にパスタやワインを置いてはいかがかな?

もしオレが白浜町長だったら、町の総予算30万円(予想)を全てこの海岸に投入し必ず当てる。

「カンシ・in・フザイ・De・ヘイサー」

当たらない理由が見つからない...。

しばらく物思いにふけった後、この場を去った。

砂浜に小さな虫がたくさんいてキモイからだ。

「カンシ・in・フザイ・De・ヘイサー」

虫の好く砂浜....。

いける...。

で、次に向かったのが言わずと知れた有名な牧場...。

マザー牧場

マザー牧場では、子豚のレースや乗馬、バーベキュー等々楽しむ予定だった....。

が....↓。

で....↓。

霧と雨で何も見えなかった。

何も見えないし何も見えない...。

なので、普段誰も乗らないと思われる黄色いわんわんバスが超満員...。

でも、そのバスに乗っても子豚のレース場にしか行かないよ....。

超満員のバスが去ると...数分後...超満員のバスが戻ってくる...。

誰も降りないし誰も何も満足しない...。

そんなバスでした....。

とりあえずチーズケーキを買って退散することにした。

そして帰ってきた。

天気はいまいちだったけど それなりに楽しかった。

館山はチョット不思議な町で また行きたくなった。

以上。

カテゴリー: ブログ タグ: