アーカイブ

2004 年 11 月 のアーカイブ

クラッシュ!!クラッシュ!!クラッシュ!!

2004 年 11 月 22 日 コメント 6 件

怪我をした。

右足首の靭帯(じんたい)を伸ばしてしまった。

これ↓

日記のタイトルに「クラッシュ」と書いたが車で事故った訳ではない。

実は先日、子供と飯を食いに行って帰って来た時に

家の前の通りから家の玄関まで競争をした。

これがコース↓

このコースでは何度もレースをした事があるので

コースのクセや路面のコンディションも把握していた。

このコースは第1コーナーを抜けたとたん、フラットで長い

ストレート(Aポイント)があり、最高速度を出せることで有名なコースだ。

いつもなら青ラインを攻めるのだが、今回はスタートで

出遅れた感があったので、緑ラインを攻めた。

青ラインは緑ラインに比べ第2コーナーが若干手前にあり

最高速手前でブレーキングなので、路面状態がウエットの時には

お勧めのラインなのだが、ゴール直前に第3コーナーが

存在する為、かなりのタイムロスになる。

また、Cポイントは砂が浮いている事が多くミスを招きやすい

という特性もあわせもっている。

その点、緑コースはBポイント手前で最高速に達しているので

第2コーナーさえミスらなければ、そのままゴールまで一直線だ。

スタート直後、右前方に娘、息子という配置でAポイントの

ストレートに突入、青ラインの第2コーナーを曲がる為

ブレーキングに入った彼らを横目に最高速でBポイントへ向かった。

Bポイントを十分曲がれる速度まで減速し、緑ラインの第2コーナーへ

突入しかけた瞬間

グキッ!!

という鈍い音....

そのまま冷たいアスファルトに叩きつけられた...

その瞬間、まるでスローモーションのごとく、その場の情景が

流れ、それと同時に激痛が走り悲鳴をあげた。

イエローフラッグが振られ、レースは一時休止。

タンカで運ばれる事もなく、足を引きずりながら家に入った。

翌日、右足があまりにも痛む為病院へ向かった。

医者に

「どうしました?」

と聞かれ、

「最高速で90Rの右コーナーに突っ込んでクラッシュしました」

と言いたかったが言えず

「走ってて転びました」

と言った。

医者が一瞬ニヤッとしたのを見逃がさなかったのと同時に

「おれってカッコワリー」

という おのれの声が頭の中でこだました。

「もう、引退するしかない…」

そう思った。

おわり。

カテゴリー: ブログ タグ: