アーカイブ

2005 年 9 月 のアーカイブ

いいもの購入

2005 年 9 月 20 日 コメント 9 件

最近買ったイイ物を紹介します。

↓コレ

これーなんだかわからないでしょ?

これはですね、手巻き充電でいろんな便利アイテムが利用できるスグレモノ!!

ある時は「LEDライト」、またある時は「サイレン」、
またある時は「AM/FMラジオ」、またある時は「携帯電話充電器」!!

でもって、乾電池も使えるし、DC電源でも使用可!!!
(注意:電源コンセントは付属していません)

これだけついて、なんと1980円!!

どこもかしくもチャチイですが、いざという時に必ず役に立つはず!!

ほしい人はお近くのドンキーへGo!!

で、次。

これは凄いです。

↓コレ

ま、一見なんてことないタダのボールペンに見えるけど...

実は...

カンの鋭い人は、もうわかってると思うけど、

実は、タダのボールペンではないのです。

(ま、あきらかに変な形してるけどね)

で、このボールペンについてる車がスポッととれちゃって

なんとラジコンになります!!!!!!!

しかも、ボールペンのキャップが写真のポールになります。
(3つに分割されます。)

で、ボールペンについてるタイヤのような物が、ラジコンの

ハンドルになっているようにみえますが、なっていません

タダのクリップです。

つーことで、このラジコン、前後にしか動きません。

「なんだよ、つまんねーなー」

と思ってしまったあなた。

話は最後まで聞きましょう。

確かに前後にしか動かないのですが、バックする時に

左に曲がりながらバックします。

コレを上手く使うと前後にしか動かなくても自由自在に操作できます。

前後にしか動かないのに自分の思ったところに簡単に動かせます。

不思議でしょ?

昔、ラジコンが出始めたころ、前後にしか動かないラジコンなんてものは

当たり前のように売っていたものです。

ヘタすると、常に走りっぱなしでボタンを押した時だけ

右に曲がるという、1ボタンラジコンもあったほどです。

こんな中途半端なラジコンでも、子供たちにとっては憧れのマシンでした。

そんな程度のラジコンでも数千円〜数万円はしていましたが、

このボールペンラジコンは、たったの780円!!

しかも、もともと必要な電池はついているのですが、予備の電池もついているという太っ腹ぶり。

これはもう買うしかありません。

ちなみに、私が買ったのは2CHなので、私と競いたい人は

周波数が2CH以外の物を購入してください。

周波数は1〜4CHの4種類が売っていて4人で同時に遊ぶことが出来ます。

(でも、4台で遊ぶと混線するかもって説明書に書いてありますが...)

これも、ドンキーね。

サラリーマンの方も是非購入して、くだらない会議中に机の上で遊んでみてはいかが?

その場が和むことうけあいです。

つーことで、また( 8_ゝ8)ノ

カテゴリー: ブログ タグ:

男は黙って進むのです

2005 年 9 月 16 日 コメント 6 件

最近、トラックで納品する事が日課になってしまったSEの私です。

私はトラックで納品も出来、塗装も出来、システム開発もできるマルチプレーヤーなのです。

やる気になれば、ログハウスを作ったりスズメバチの駆除をしたり、潜水服を着て人命救助だってできると信じてます。

で、毎日納品していると友人・知人とよくすれ違います。

よくというか、毎日誰かとすれ違っています。

先日も後輩から

「先輩、この間××の交差点ですれ違いましたよね?」

といわれたのですが、私は知りません。

その前にも友達が遊びに来た時に言われたのは

「最近、××あたりでよく会うねぇ」

とか言われました。でも、私は知りません。

私の知らないところで私と同じ様な容姿の男がトラックに乗って納品しているのか?

もしくは、私が全く気がつかないだけなのか?

謎は深まるばかりです。

というか、私はそんなチャラチャラした運転はしません。

私は、私に与えられた

何があっても××まで、この荷物を届ける!!

というミッションを命懸けで遂行しているのです。

もし届けられなかったら、腹切って死ぬ覚悟はできています。

そんな士気の高い私に対して

「プップー」とか「ポッポー」とかクラクションを鳴らしたり

「パシッパシッ」とパッシングするのは無礼です。

世が世なら、日本刀で首チョンパされても文句言えないくらいの無礼だと、何故誰も気付かないのでしょう。

日本の武士道も落ちたものです。

むしろトムクルーズの方が武士道わかってると思います。

ラストサムライいいっすよ。

月に3回は見てます。

いや、そんなに見ません。

とうことで、みんなもトラックに乗っている私を見かけたら合掌もしくは一礼してください。

そうすれば、私はあなたを見つめ、黙ってうなずくことでしょう。

それが武士道、いやトラック道というものなのです。

( 8_ゝ8)ノ つーか、納品マンドクセー

カテゴリー: ブログ タグ: